合宿免許について

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

運転免許は現代人にとって必須といってもよい資格。交通の便がとりわけ良い都心に住んでいるのでもない限り、車は生活必需品といえるでしょう。日本では18歳から普通運転免許が取得できるため、高校卒業の時期に教習所に通い、所得する人が多いようです。しかし、いったん機を逃すと免許取得はおっくうになるもの。社会人になると、教習所に通う時間を取るのも一苦労です。

そこで、そんな忙しい大人に人気なのが合宿免許です。合宿免許とは、優良教習所が準備した合宿施設に泊まり込みで、教習を集中的に受けること。効率よくカリキュラムが組まれるので、予約待ちで時間をムダにすることなく、短期間で教習を終了することができます。

教習期間の最短目安は普通二輪ATで7日、普通二輪MTで9日、普通車ATで14日、普通車MT16日です。社会人の場合、仕事の休みを利用して教習所に通うとなると何か月もかかってしまいます。あまりにも期間が空きすぎると前回練習したことを忘れてしまい、効率が落ちてしまいがち。そのうち教習期限が切れ、免許の取得を挫折してしまった、という方は意外と多いです。

その点、合宿免許なら短期間で確実に教習を終えられるので、免許取得の機を逃してしまった方に大変おすすめです。合宿免許先は全国各地にあるので、自宅から行きやすいところを選ぶも良し、普段行けない地域を選んでついでに観光を楽しむのも良し。気分転換を兼ねて旅行気分で申し込みをしてみるのはいかがでしょうか。