向き不向きはある?

教習所の宿泊施設に泊まり込みで教習を受ける合宿免許。教習費が安いことや短期間で確実に卒業できることなど、メリットがたくさんあるシステムです。ところで、人によって向き不向きはあるのでしょうか。ここでは、通学する場合と比較して、合宿免許に向いているタイプとそうでないタイプについて考えてみます。

合宿免許に向いているのは、集中的に何かを成し遂げたい人。日常の合間を縫って勉強や練習をするよりも、ひとつのことに集中したい人は向いているといえるでしょう。

また、自分で予定を立ててその通りこなすのが苦手な人には合宿免許がおすすめです。合宿免許なら、教習所が立てたプランに従って行けば、必ず短期間で卒業できます。泊まり込みなので、気分がのらなくても通わざるをえません。

では、合宿免許が向いていない人とはどんな人でしょうか。もしかしたら、集団生活が苦手な人にとって合宿免許は少し辛いかもしれません。合宿免許は通学と違い、滞在期間中はずっと同じメンバーと過ごします。ひとりで静かにしていたい人には多少しんどい可能性もあります。そんなときは、旅行ツアーなどが組み込まれていないプラン、つまり、教習時間以外は自由に過ごせる合宿先を見つけるといいかもしれません。

どうして安いのか

合宿免許について調べていると、ひとつ疑問が湧いてきます。それは、宿舎付きなのにどうして価格を安くすることができるのか、ということ。教習所に通学する場合、普通自動車免許取得にかかる費用の目安はATで30万円前後。合宿免許はどうかというと、平均20~25万円で取得できてしまうのです。

合宿免許でかかる費用には、宿泊費だけでなく、場合によっては食費、交通費まで含まれていることもあってこの価格です。こんなに安いと、教習内容が薄っぺらいのか、と不安になりますが、まったくそんなことはありません。教習内容やレベルは通学の場合と何ら変わりありません。

では、合宿免許はなぜこんなにも格安で取得できるのでしょうか。それにはちゃんとした理由があります。ひとつは、効率よくメニューが組まれていること。通学の場合、生徒の人数と教官の人数が折り合わず、時間を持て余してしまう教官もいます。それでも教習所が教官に支払う給料は変わりません。一方で、合宿免許は生徒数を確保し、教習所側で効率がいいよう予定が組めるため、コストを抑えることができるのです。

さらに、価格の安い合宿免許先は地価の安い田舎であることが多く、運営費が安く済んでいるということも理由として挙げられます。いずれにしても、格安で免許が取得できるのは魅力ですね。

メリットとデメリット

免許の取り方には、自宅から教習所に通って教習を受ける方法と、教習所に泊まり込みで教習を受ける合宿免許があります。ここでは、通いと比較した場合の合宿免許のメリット、デメリットについて考えます。

最初にメリットから考えます。免許合宿の大きなメリットと言えるのは、免許取得までにかかる期間です。合宿免許は泊まり込みで集中的に教習を受けるため、普通自動車MTなら最短16日、ATなら14日で教習を終えられます。普通に通う場合、数か月かかることが一般的ですから、これは確かにメリットだといえます。

さらに、追加教習が無料なところが多いのも免許合宿のメリットと言えます。通いの場合、追加教習を受けるのに費用が発生します。しかし、免許合宿は万が一追加教習が必要になっても費用はそのまま。運転に自信のない方も費用の追加払いを心配することなく教習を受けることができるでしょう。

次に、合宿免許のデメリットについて考えます。デメリットは、まとまった日数を確保しなければならないことです。先ほどもお話したとおり、合宿免許の場合、普通自動車免許で14~16日の合宿期間が必要です。サラリーマンの場合、これだけ長い期間休みを取るのはなかなか難しいでしょう。しかし、この点をクリアできれば、合宿免許はメリットの多い選択だといえそうです。

合宿免許について

運転免許は現代人にとって必須といってもよい資格。交通の便がとりわけ良い都心に住んでいるのでもない限り、車は生活必需品といえるでしょう。日本では18歳から普通運転免許が取得できるため、高校卒業の時期に教習所に通い、所得する人が多いようです。しかし、いったん機を逃すと免許取得はおっくうになるもの。社会人になると、教習所に通う時間を取るのも一苦労です。

そこで、そんな忙しい大人に人気なのが合宿免許です。合宿免許とは、優良教習所が準備した合宿施設に泊まり込みで、教習を集中的に受けること。効率よくカリキュラムが組まれるので、予約待ちで時間をムダにすることなく、短期間で教習を終了することができます。

教習期間の最短目安は普通二輪ATで7日、普通二輪MTで9日、普通車ATで14日、普通車MT16日です。社会人の場合、仕事の休みを利用して教習所に通うとなると何か月もかかってしまいます。あまりにも期間が空きすぎると前回練習したことを忘れてしまい、効率が落ちてしまいがち。そのうち教習期限が切れ、免許の取得を挫折してしまった、という方は意外と多いです。

その点、合宿免許なら短期間で確実に教習を終えられるので、免許取得の機を逃してしまった方に大変おすすめです。合宿免許先は全国各地にあるので、自宅から行きやすいところを選ぶも良し、普段行けない地域を選んでついでに観光を楽しむのも良し。気分転換を兼ねて旅行気分で申し込みをしてみるのはいかがでしょうか。