メリットとデメリット

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

免許の取り方には、自宅から教習所に通って教習を受ける方法と、教習所に泊まり込みで教習を受ける合宿免許があります。ここでは、通いと比較した場合の合宿免許のメリット、デメリットについて考えます。

最初にメリットから考えます。免許合宿の大きなメリットと言えるのは、免許取得までにかかる期間です。合宿免許は泊まり込みで集中的に教習を受けるため、普通自動車MTなら最短16日、ATなら14日で教習を終えられます。普通に通う場合、数か月かかることが一般的ですから、これは確かにメリットだといえます。

さらに、追加教習が無料なところが多いのも免許合宿のメリットと言えます。通いの場合、追加教習を受けるのに費用が発生します。しかし、免許合宿は万が一追加教習が必要になっても費用はそのまま。運転に自信のない方も費用の追加払いを心配することなく教習を受けることができるでしょう。

次に、合宿免許のデメリットについて考えます。デメリットは、まとまった日数を確保しなければならないことです。先ほどもお話したとおり、合宿免許の場合、普通自動車免許で14~16日の合宿期間が必要です。サラリーマンの場合、これだけ長い期間休みを取るのはなかなか難しいでしょう。しかし、この点をクリアできれば、合宿免許はメリットの多い選択だといえそうです。